2008年08月04日

The Seventh One / TOTO (1988)

私のライフを変えた(かもしれない)300枚のレコード・第4回


The Seventh One.jpg  


さて、そんな中学生の時(笑)、知り合いの方にお古のオーディオセットをもらいまして。
その時に一緒にいただいたのが、この「The Seventh One」。
記念すべき「自分の手でプレイした、はじめての洋楽」(笑)でございます。

親がロック好きだったので、物心つく前からそういった音はずっと耳にしてたんですが、初のまい・おうん・ぷれいロック(笑)は、親以外のところからもたらされた。と、いうのが、思春期的な何かをかもしていて、前回今回と書いてて痛いのなんの(笑)。20年前の話だもんなー(泣)。

まあ、と、言いつつ、我が実家にあった4桁枚数のレコード・アーカイヴを使わない手はもちろん無く、ここから家のレコードを聴きあさるようになり、ロック!という、音楽趣味の形成の第一歩が始まる訳です。(そのレコードは火事で、みな焼けてしまったのよね、、。もったいない、、。)


、、という訳で、TOTOの7枚目。当時のリアルタイム盤。

CMでも使われていた「Pamela」の他に、「Mushanga」「Straight for the Heart」「Only the Children」あたりが好きでしたが、実は、アルバム的にはさほどハマっておらず(笑)、すぐに昔のアルバムを好んで聴くようになるんで、言わば「入り口」的存在です、私にとっては。ロックというより、ロックっぽいポップスになっちゃてるのがねー。

家に、TOTOはこれ以前の6枚目まで、LPはすべてあったのよね。で、『Turn Back』『Toto』『Hydra』の順に聴いていった、と。あと何故か『Isolasion』も好きだったんだよねー。趣味的な影響は、この4枚の方が遥かに大きい。グラミーをとった大名盤とされる「W」には、行かないところがまた何とも、、(笑)。

んな感じで、Voはボビー・キンボール!曲もフュージョン感が前面に出る『W』より前、の方が好きでしたねー。当時、キーボードをやってたので、キーボード入りの(しかもDX7の音は嫌で、アナログシンセの・笑)入ったロックが好きだったんだねー。ジェフ・ポーカロは、今でも理想のドラマーまいランキング最上位だなー。

ここら辺から、私の思春期(笑)が始まったのかと、、。
ロックで反抗!!(←何に?・笑)



『The Seventh One』中、最も流行った「Pamela』↓



懐かしい、、。ファッションが80年代だなー(泣)。



      



TOTO Official Website
http://www.toto99.com/
この記事へのコメント
光に移行がようやく終わり、ネット環境が整いました。
1週間ネットが使えないときついです。スパイダーマンとしては、
ネットがないと敵も倒せないので。

知らない間に、おもしろそうな企画が立ち上がってて、楽しみ&懐かしく読んでます。

それにしても、TOTOと聞くとトイレかY谷君を思い出し、両方白いな〜と思ってしまうのは何故でしょうか。

思考回路jは、「七つの習慣」でも読まないと変えられないのかな〜。
Posted by spaceninjya at 2008年08月05日 01:03
環境移行、おつかれです!

>スパイダーマンとしては、
あ、スパイダーマンだったんですね?(笑)

>知らない間に、おもしろそうな企画が立ち上がってて、楽しみ&懐かしく読んでます。

ありがとうです!!
こと、付き合いの長いスペニン君には、楽しんでもらえるかと(笑)。
年齢的にもそうだし、ちょっと人生の流れとして、これまでを総括するような作業をしてたんだけど、「300枚」はその音楽編って感じでやろうかなと。特に今書いてるあたりは、思い出しながら、身を切られる思いです(笑)。思春期あたりのことは、やっぱり恥ずかしいねー。でも、やってみると、自分としては、なかなか面白い(笑)。一緒に笑ってやってください!!

>思考回路jは、
「思考回路j」!さすが、ディラクシア・ジョージ!!(爆)

>「七つの習慣」
そうそう。成功には原則があるのだよ!(笑)
Posted by 管理人 at 2008年08月05日 01:30
俺もこれは結構好き。
日本盤ボートラ(だったかな?)なタイトル曲が
結構当時ツボにはまったんだよね。
かなりやっつけな曲なんだけど・・・

あと、アイソレーションも「ストレンジャー〜」
よりはタイトル曲や「ホリーアンナ」が大好き。
「アフリカ」も当然好きだけど、実はそれ以外の
曲の方が好きだな。

Posted by buggy at 2008年08月20日 23:57
タイトル曲なんてあったんですねー。
手持ちが輸入盤なんで知りませんでしたよ!

「ホリーアンナ」、私も好きですねー。B面ラスト!(笑)

アルバム最後が急に、あっけらかんと明るくて、なんとも微笑ましいんですよね。

ちなみに、『Isolation』で、ボビーが抜けたとき、Voのオーディションでエリック・マーティン(Mr.Big!!)の起用を考えてたらしいですよね。ファーギー・フレデリクセンと、声、全然違うじゃんっつー(笑)。
Posted by 管理人 at 2008年08月21日 00:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/104164364
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。